2015年03月09日

NBAにおいて過小評価されている選手を紹介!

レブロン・ジェームスやカーメロ・アンソニーやジェームス・ハーデンやラッセル・ウエストブルックなどスーパースターと言われ名声を浴びる選手もいれば

一部のスキルにおいていえば彼らと比較しても遜色ないレベルにも関わらず過小評価されているNBA選手がいます
そんなに彼らにフューチャーした記事がありましたので紹介します♪

NBAで過小評価されている選手

この評価方法なのですが、NBA.comのデータやESPNのデータで選手評価されてますが、そういった期待値と実際のインパクトの差を評価したようです!!

それでは見ていきましょう!!


カイルコーバー
アトランタ ホークス

20150309212020156.jpg

今シーズンはオールスターにも選ばれさらに50-50-90というシュート確率を記録しているコーバー!!
ただ上記に上げたサイトではアトランタホークス内での評価は2位と4位と過小評価されています
コーバーが出ている時間では平均110ポイント、出ていない時間では96ポイントと14ポイントも変わってくるにも関わらずです(>_<)
今後もホークスがこの勢いを維持できるかどうかはコーバー次第ともいえそうです!!
(76ersにいたころは頼りなかったのに、成長したなぁー(´д`))

マイク・ダンリービー
シカゴ ブルズ

20150309212028058.jpg

シカゴ・ブルズにはデリック・ローズやジョキム・ノアなどに注目しがちだが、彼のアウトサイドのディフェンス力とシュート能力がシカゴ・ブルズのオフェンスを支えていることを見落とす人が多い!!
ジミー・バトラーとマイク・ダンリービーのアウトサイドのディフェンス力はリーグ屈指である!


ティモフェイ・モズコフ
クリーブランド キャバリアーズ

20150309212541738.jpg

クリーブランドキャバリアーズといえばレブロン・ジェームス、カイリー・アービング、ケビン・ラブのビッグ3を要するチームだが、今の躍進はモズコフ無しには成し遂げれなかっただろう!
事実モズコフ加入前は19勝20敗だったチームが40勝25敗の躍進をしたことからもモズコフ加入がキャバリアーズの安定をもたらしたと考えられる

来シーズンはバレジャオもカムバックしてくるので
より一層インサイドが固いチームになりキャバリアーズを倒すのは困難になるだろう!!

とNBAで過小評価されている選手を紹介していきました!!
元の記事には全チーム分の過小評価されている選手がピックアップされています!!
気になる人はぜひ元の記事も見て下さい♪

たしかにこの選手は実力十分だけど評価されてないと思える選手がいますので♪
posted by スー at 21:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | NBA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。