2015年03月15日

シグニチャープレイを紹介!!スモールフォワード編


シグニチャープレイ…選手を代表する代名詞ともいえるプレイのこと

マイケル・ジョーダンといえばレーンアップ

アレン・アイバーソンといえばクロスオーバー

などその人を表す代表的なプレイを紹介していきます♪

そのスモールフォワードの選手を紹介していきます♪
スモールフォワードといえば点取り屋のポジション!!
アウトサイド・インサイドどちらからでも点を取るスモールフォワードの特徴的なプレイヤーを紹介していきます♪

もとの記事はこちら↓
Best Signature Moves in NBA History

ドミニク・ウィルキンス
Windmill Dunk


ヒューマンハイライトリールというニックネームがつくくらいウィルキンスのプレイは華がある!
現代でもウインドミルダンクをする選手はいるがウィルキンスほど印象的な選手はいない!

カーメロ・アンソニー
Jab Step

ミドルレンジでパスを受け、相手の様子を見てフェイダーウェイ、ドライブを駆使して得点をとる
相手の動きを引き出すために行うジャブステップはカーメロ・アンソニーの代名詞!
あのステップから繰り出されるオフェンスは誰にも止められない!!

リック・バリー
Underhand Free Throw

リック・バリーって誰と思う世代はいるかもしれないですが、スラムダンクの桜木花道のフリースローの元となった人といえば分かる人も多いかな?
(自分もリアルタイムでは知らないです…汗)
バリーほど衝撃を与えた選手はいないかもしれないですね
まさか下から放り投げるフリースローなんて誰もしたことなかったですからね(´д`)


と一部を紹介しました♪
もとの記事にはスコッティー・ピッペンやラリー・バードなどレジェンド達のシグニチャープレイが紹介されてますのでぜひ一度見てみてくださいね(*^▽^*)

20150314173201392.jpg
posted by スー at 08:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | NBA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/415618591
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。